_ap_ufes{"success":true,"siteUrl":"turezure01.com","urls":{"Home":"http://turezure01.com","Category":"http://turezure01.com/category/ps4%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88%e6%94%bb%e7%95%a5/dqh","Archive":"http://turezure01.com/date/2017/01","Post":"http://turezure01.com/post-765877-765877","Page":"http://turezure01.com/%e3%80%90%e9%a0%91%e5%bc%b5%e3%82%8b%e5%a7%bf%e3%81%8c%e3%80%91%e3%81%8a%e3%82%84%e3%81%a4%e3%81%8c%e6%ac%b2%e3%81%97%e3%81%8f%e3%81%a6%e8%b6%85%e5%bf%85%e6%ad%bb%e3%81%aa%e7%8c%ab%e3%80%90%e8%b6%85","Attachment":"http://turezure01.com/slooproimg_20170120034547-jpg","Nav_menu_item":"http://turezure01.com/762375-762375","Wpcf7_contact_form":"http://turezure01.com/?post_type=wpcf7_contact_form&p=7"}}_ap_ufee

ダークソウル2最新情報、仕様変更点まとめ。オンラインテスト用体験版配布?

ブログ内検索

008フロムソフトウェアが開発中の
超注目作 『ダークソウル2
最新情報についてまとめてみました

発売予定  2013年4月
対応機種 PS3 Xbox PC

発売前のテストプレイヤー募集も決定

ネットワークテストの実施が発表

発売前にネットワークプレーのテストを目的とした

無料先行プレーの実施が発表されました  (画像クリックで拡大

無題

注目すべきはオンライン対応の体験版配布。ではないと云うことです

同社の人気シリーズ、アーマードコア5の場合
発売前に、オンライン対応の体験版が配布され 誰でもダウンロード可能。
オンラインプレーが可能でした。

今回の発表では『ネットワークテストのプレイテスター募集』となっています

販売促進の為に、誰でもダウンロード可能にするわけではなく

あくまでも、不具合やバグ発見を第一義とした

検証プレイの協力者の募集ということのようです

事前応募者の中から抽選で参加者が選ばれるとのことです

とはいえ、https://www.youtube.com/watch?v=06LutF-ZxEg
で開発者の方が語っていますが

ネットワークテストでも楽しんでプレーしてみてくださいとのこと。

PSN上から簡単に応募できるので、是非しておきましょう

応募方法については、こちらの公式サイトも参考にしてください http://www.darksouls.jp/networktest/entry.html

その他、気になる点は

・1日目のテスト開催時間がたったの1時間
・一斉ログインによるサーバー付加検証

という点です

おそらく初日のテストとしては
たくさんの人が同時にオンラインに接続した場合ちゃんとログインできるのか?

といったような点のテストが主題なのでしょう。
実際にゲーム部分をプレーできる時間はあまり無いかもしれませんね

テスト版のゲーム内容は、テスト時間内にクリア可能なボリュームにしてある

とのことなので、当選した人は最終日にクリア目指してがんばりましょう

侵入・誓約など仕様変更あり

つづいて、開発者のインタビューが公開されていますのでご紹介

正直ちょっと長いので、URLのあとに、ザッと抽出してまとめてみます
http://www.4gamer.net/games/196/G019662/20130919001/

デモンズソウルの仕様に戻ったと思って良い点

・プレイヤーがメッセージを残す際にアイテムは不要。システムメニューから残せる
・メッセージを評価すると、評価されたプレイヤーの体力が回復
・P2Pではなくサーバーを置く。幻影などはダークソウルより多く目にする

この辺は、素直に改善といっていいんじゃないでしょうか

・単純にフレンドを呼んだりするシステムは今回もない
・『全体的』な難易度は前作に近いところで落ち着く予定

個人的には賛成です

014

 

デモンズともダークソウルとも違う点

・亡者状態では最大HPが減る
・亡者状態で死ぬと、さらに減る。段階的なハンデを背負う感じ
・あまりにも死にまくると、髪の毛抜けてハゲになったりする

生身の状態に戻ったほうが得。というルールにすることで
生身のプレーヤーを増やす狙いらしい

・亡者状態でも侵入される
・そもそも侵入されたくないプレーヤーのための対策も用意する予定

前作は生身でいるメリットが無かったですからね
調整しだいではナイス変更点になるかもしれません

・評価の多いメッセージは残りやすく、表示されやすくする
・スパム的なもの、いたずらメッセージは、どんどん弾かれる

んーー。嘘メッセージを信じて落下とかも面白かったと思うんですが
あとは、白くべたつく何か とか鉄板でしたよね
その辺も弾かれるんですかね?ちょっと残念かも

・召喚が有効時間制に。召喚サイン用のアイテムが2種類に
・長時間用と短時間用。サインの大きさで見分けがつく

いまいちよ狙いがわかりませんが、そういうことみたいです

・エスト瓶的な回復手段と、ゲーム全体で有限な回復アイテムが存在する
・有限のほうは、デモンズのように回復量に差があるものが数種類

 

以上の他に誓約に関しても答えてるんですが

ワットワークテストのみの仕様のようにも解釈できる言い回しだったので

こちらにはまとめていません

詳しくはhttp://www.4gamer.net/games/196/G019662/20130919001/

の後半に載っていますので、気になる方は確認してみましょう

また、いくつかゲームの様子が動画で確認できますよ

TGSなどで試遊した人の感想

ここからは、開発者の公式インタビューなどではないのですが

メディア関係者向けの先行体験会や
TGSなどの試遊に行った人の感想などをザッと紹介します

・生身に戻るのに篝火はいらない。アイテム使えば即生身

・侵入側もエスト瓶つかえる

・操作方法は9割、ダークソウルのまま。すこし操作が追加

・亡者での段階ペナルティは前作の『呪い』に似ている

・左右の腕に、装備は3つずつ可能

 

変更されてる点は他にもありそうですね

今後のネットワークテスト。もし配布されるなら体験版

そして製品の発売日。待ち遠しいです!!

 

ダークソウル関連記事↓↓↓
ダークソウル2.ネットワークテスト動画

 

おススメ記事↓↓↓
先輩調査兵団あの人まで巨人に?進撃の巨人ネタバレ


PAGE TOP